読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

降りそそげ愛のShower

ただの北山担

KIS-MY-WORLD ① 大阪〜東京編

私のハタチの夏休みはこの現場のためにすべてを捧げました。ということで、8-10月にかけてKis-My-Ft2のツアー KIS-MY-WORLDへ行ってきました!
照らす太陽 まばゆいビーチは完全無視し、欲張って恋しちゃって夏のマジックにクラクラすることもなく、私はバイトと現場を行き来していました。

8.31 大阪 / 9.13 福岡 / 9.17 東京 / 10.28 名古屋 の計4回入りました。こんなに多く入ったのは初めてです。

大阪は中学の頃からの友達とそのお姉さんにチケットをいただいて3人で行きました。全員北山担でわりとアグレッシブに動けるタイプなので踊ったり掛け声をしたりと大いに盛り上がり楽しみました。
その日は2人が次の日朝が早いため、コンサート終わりはすぐに帰りました。

福岡と東京は1人で行きました。福岡は日帰りです。というか、福岡は人生初上陸でした。行ったことのない所へ1人で平気で行けたり、フットワークが軽い所はジャニオタやってて見出した長所なので、ますますジャニーズには感謝です。到着後はキャナルシティへ行ってラーメンスタジアムで博多ラーメンを食べようと試みましたが、昔とんこつラーメンを食べて胃もたれしたトラウマがあるので、コンサート中に胃もたれはアカン、と一番あっさりしている仙台の牛タンラーメンを食べました。(博多に来た意味)
そしてコンサートまでの時間つぶしはスタバ。私は本当にコンサートに行くために福岡に来たんだなと改めて思いました。
しかしそんな福岡で新たな、大きな収穫がありました。それは、1人で行くことの楽しさです。1人でノリノリになることに少し抵抗のあった私は、双眼鏡という素晴らしい武器を持つと最強になります。もともと、双眼鏡は必須アイテムの一つだったのですが、1人参加のときほど役に立つものはない!と私は思いました。


宙に吊られたKis-My-Ft2がやってきます。



はい、もうみっくんのお尻しか見てないですよね



これが20代最後の北山くんだ
これが20代最後の北山くんだ
これが20代最後の北山くんだ


双眼鏡を握りしめる手に、より一層の力が入ります。手汗ハンパない。

心残りのないようにしっかりと全身をガン見し、みっくんの20代を見納めしてきました。

その日のうちに大阪に帰ってきた私は、次の日の夜に夜行バスに乗って東京へ。
ディズニーに行ってきました!2日間夢の国へ行って、一緒に行った友達は帰りましたが、私は夢覚めぬまま東京のビジネスホテルへダッシュしました。

そうです、歴史的瞬間である北山くんの30歳バースデーが待っているのです。早くお風呂に入って完璧な状態にしておかねばなりません。



みっくんのことで頭がいっぱいだったのですが、初の1人でお泊まりです。
ものすごくナチュラルにできましたね。
彼のことを考えると緊張とか不安とかもうどうでも良くなってくるんですね。彼すごいですね。

わりと土砂降りの中急いでホテルでチェックインを済ませ、大浴場へ向かいます。
そのビジネスホテルはTDRから電車で7分程度で着くため、TDRのお客さんもたくさん泊まっていました。ホテルには大浴場があったため、使わせてもらいました。
大浴場に向かう中のエレベーターで若いカップルがいました。
大浴場では、若い女の人が1人で入っているのが少なくありませんでした。


部屋に戻ったら彼氏がおるんやろうな、、、(白目)


私の部屋で待っていてくれているのは北山宏光うちわただ一つだけです。
悲しくなった私は、お風呂を上がってすぐにコンビニで翌日の食料とお酒とつまみを大量に買い込みました。

北山くん三十路バースデーの準備をはじめます。
ベッドの上の棚には、宏と光 そして30歳おめでとうのうちわを飾り、その横にはキスマイベアを並べました。
ベッドにはみっくんがピースをしている可愛くて苦しいうちわを設置。お決まりのイベントですねこれ。楽しすぎる。

11:55くらいに、大阪にいる伊野尾担のお友達とLINE電話で中継を開始します。彼女は、最近やっとの思いで嵐の櫻井くんからHey!Say!JUMPの伊野尾くんへ担降りしたのにも関わらず、キスマイの沼にもハマりかけているどうしようもないお友達です。いや、もうハマっているか。ちなみに彼女は北山くんと藤ヶ谷くんが好きなので、うちわを2人分とみつベアを購入済みです。一緒にグッズ販売にも行きました。この時は予想だにしていなかったのですが、後に一緒に名古屋へ遠征します。

お互いにみっくんうちわを持ち、友達は特別ゲスト〜!と言い出し、櫻井翔くん、中島健人くん、藤ヶ谷太輔くん、伊野尾慧くん、などなどのうちわを見せてきて、アルコール片手にハイ乾杯!盛大にカウントダウンを行い、30歳おめでとうをしました。
みっくん可愛いね〜とか、コンサート楽しみ〜とか他愛もない会話をしておやすみしました。


翌日もあいにくの雨で、朝からテンションは低めです。11時のチェックアウトまでホテルにいて、そこから東京駅へ戻り、キャリーを帰りのバス停近くのロッカーへ預けます。そして原宿の写真屋さんへ行きます。当然のようにKis-My-Ft2のコーナーは人人人だかりで購入するのに時間と体力を要しました。

とりあえず雨がすごいので、ドームへ早めに向かい、近くのカフェでお昼ごはんを食べました。そしてカラオケやマンガ喫茶に向かうも、どこもすでに満席で入れませんでした。仕方なく別のカフェで開場時間までのおよそ2時間をコーヒー一杯で過ごしました。手に入れた写真をにやにやしながら見ていても何の恥ずかしさもありません。ここはドーム前のカフェです。どホームです。全員がキスマイ担です。ありがとう。


1時間後



カフェで爆睡



1時間ほど日頃の疲れで爆睡していた私は開場時間になると足早にドームへと向かいました。スタスタと真顔で歩いて物騒な見た目だったかもしれませんが、心はウキウキでスキップしている気分でした。
中に入ると意外にも冷静で、小説を読み、トイレに行き、落ち着いた様子で2時間を過ごしました。


しかし、コンサートが始まると冷静でもいられません。


30歳初日の北山くんだ
30歳初日の北山くんだ
30歳初日の北山くんだ


私の鼓動はスピードマックスです。きっとあの時の北山くんはどの30歳の人間よりも素敵でかっこよかったです。泣いた。


そして待ちに待ったサプライズです。
私は幸運にも、北山くんをお祝いする言葉の一部になることが出来たのです。歓喜。北山くんが私たち文字を見てくれるんですよ。

照れた北山くんと自らプロデュースしたケーキを嬉しそうに持ってきて、プレゼントを渡す藤ヶ谷くんがもうごちそうさますぎて今ここで死ねるなら本望だ と思いました。

最後のKISS & PEACEでみっくんが目がウルウルしているのを見て私ももらい泣きしましたよね。私はキスマイのことなんて他のファンの人や本人からしたらごくごく一部しか知らないけど、それでも応援している、尊敬しているアイドルの節目の歳を、同じ空間でお祝いできているその瞬間にとても感動しました。
ありがとう。


コンサートが終わって、東京駅へ向かいバスに乗って大阪へと帰りました。
まさか追加公演があるとはこの時は知らされてなかったので、虚無感がものすごい私は初の1人夜行バスでもナチュラルに乗りこなしました。キスマイベアで遊んで、悲しい、悲しすぎる、生きる希望をなくしたと一生セトリを聞いていたのですが、疲れすぎて秒で寝てしましました。

爆睡しすぎて大阪駅に着いても目が覚めず、USJへ向かうために発車するギリギリで目が覚め、慌てすぎてアイマスクを頭頂部につけた斬新なスタイルで朝の通勤ラッシュの大阪駅前に下車。恥ずかしすぎて、一気に現実に、日常に戻りました。あとで気づいたのですが、コンセントに充電器をさしたまま忘れてしまい、お母さんと一緒にUSJ近くのバスがある事務所へ取りにいきました。


いろんな意味で一生忘れられない、記念すべき現場となりました。


名古屋編へと続きます。